日本ではパチスロが非常に人気のあるギャンブルの1つとして知られています。
ベラジョンカジノでもそうしたパチスロとよく似たゲームにスロットというのがあります。
「パチスロとスロットって同じものなんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれませんが、
パチンコ屋のパチスロとベラジョンカジノのスロットにはいくつか違いがあるため、ベラジョンカジノ初心者の方は覚えておきましょう。

1.設定を自分で決められる
日本のパチスロと言うのは、1回転に投入できる金額や当たりラインの設定は事前に決められています。
一方、ベラジョンカジノのスロットと言うのは、投入できる金額の幅が非常に大きく、
かつ当たりのライン設定も1ラインにするのか3ラインにするのかなど自由に自分で決めることが可能です。
そのため、パチスロに比べるとユーザーの裁量に委ねられている面が大きいというのがスロットの特徴の1つとなっています。

2.難しい知識を得る必要がない
パチスロは面白いと言うのか、不思議と言うのか分かりませんが、
確変と呼ばれるシステムが採用されており、その確変に至るまでの過程などを
事前に知っておかないと当たりを出すまでに非常に苦労します。

一方、スロットは1回1回の回転で全てが決まる仕組みと
なっていることからパチスロのように機種ごとにさまざまな知識を
仕入れるといった必要はなく、初心者でもすぐに遊ぶことができます。

さらにパチスロは還元率が60%や50%などと言われていますが、
ベラジョンカジノのスロットは概ね95%程度の還元率を誇るため、パチスロに比べ負けにくい点も特徴です。